犬には吠えやすい性格のタイプが大きく分けると6種類あります。犬の無駄吠えをしつける前にまずは犬の個性や性格を理解するのも大事です。

 

うちの犬は攻撃的でやる気満々なタイプの子です。みなさんの犬はどの性格に当てはまりますか?♪

1. 吠えやすい犬の性格の種類

吠えやすい性格の犬のタイプを6種類調べてみました!

 

1-1. 犬の性格と種類その①おねだりタイプ

e207906e7f4dabb871b7c52f2d535d9e_s

とにかく吠えるてごはんや散歩に行くことを欲求するタイプです。吠えればじぶ自分欲しいものがもらえると思っています。吠えることで人に注目してもらえることを知っています。時には家族の顔色をうかがいながら、人の足を引っ張りながら人の気を引く行動をして要求がかなうまで吠える性格です。

 

1-2. 犬の性格と種類その②ハイテンションタイプ

81fdf9ce325afaa951778015af56f2a1_s

普段からハイテンションで、喜んで興奮しやすい!じっとしていることが苦手な犬で、よっぽどすごいことがなければ怖がることがないタイプ。ハイテンションタイプの特徴は、飛び跳ねながら高音で吠えるのが特徴。遊びタイという気持ちが強く窓の外にいる人を見たりすると興奮して吠えてしまう性格です。

 

1-3. 犬の性格と種類その③暇もて余しタイプ

67dd52626b02c1d0766c85eaf0a15b05_s

活動的な犬の種類に多くて、退屈なので吠えているタイプです。余ったエネルギーで人でも物でもなんでも吠えてしまい喜怒哀楽が感じられず、つまらなそうに吠えたり遠吠えをする性格です。

1-4. 犬の性格と種類その④寂しがりタイプ

d63078a8168a2d3d1895559e4a83b687_s

依存しやすく飼い主がいないとダメなタイプ。留守番が苦手で寂しさや不安を紛らわすため飼い主さんのものをかじったり、部屋に排泄をして吠えたりする。一人にされると自分の体に傷をつけてしまうこともあり、寂しさのうえ震えなどが止まらないこともある性格です。

1-5. 犬の性格と種類その⑤怖がりタイプ

7efab9c8701cf463b78b10424697e50b_s

自分の身を守るために吠えるタイプで、怖いから近づいてほしくないのでしょう。後ずさりで吠えるのが特徴です。よく飼い主さんの近くに慌てて戻ったりして、足の間から吠えたりします。怖いと思う対象物がなくなるまで吠え続けます。甲高いキンキンした声が特徴の吠え方です。

1-6. 犬の性格と種類その⑥攻撃タイプ

51b10740dee1e84f0e211faa57f32af4_s

縄張りから侵入者を追い払うために吠えてしまうタイプです。がっちり前のめりで引くことなく吠え続けます。縄張りに入って来る人や犬を噛んでしまうときもあるので、しっかりリードでつなぐなど安全に注意したい犬の性格ですね。

 

まとめ

犬にはそれぞれ吠える性格やタイプがありましたが、人間のように寂しがりだったり攻撃的だったり、犬によっていろいろな子がいますね。どこかに当てはまったでしょうか?吠えなくするにはこの吠えるタイプがわかればしつけなどにも役に立って来ると思います。

 

しつけくん口コミレビューボタン