犬は習慣化しやすい動物です。玄関のチャイムが鳴ってほえることはよくありませんか?

 

それは子犬のころによく吠え続けていたとするとすでに習慣化しているかもしれません。意外と直すのが困難だったりします。では吠えないような環境を作るにはどうしたらいいのでしょうか?

1. 犬に吠えさせない状況作りを心掛けることが大事!

 

吠えるこも経験をたくさん積んで吠えが習慣化してしまった犬の吠え癖を直すには、これ以上吠えることの経験を積ませないようにしたほうがいいですね。

 

1-1. 犬に怖い経験を積ませないようにする

意外と知らない方もいらっしゃるかもしれませんが、犬の頭を上からなでようとするだけでも恐怖で吠えてしまう犬もいます。こういった怖い経験をくりかえすと習慣化してしまい、人が嫌いになって吠えてしまいます。犬が怖い経験をしないような環境を作りをして予防することが大事になってきます。

734ce19923cef861173f4224ecf472bf_s

1-2. 犬を吠えさせない予防のためにすること

犬が吠えないようよう予防のために行うことは、まずは犬が吠えないための状況や環境作りをすることです。

 

例えば・・・・

窓の外に向かって吠える犬だとしたら

カーテンを閉めて外を見えなくする。窓際にある犬のハウスを移動する。仕切りやゲートを作って愛犬が窓の方へ行けないようにするなどの工夫が必要です♪

 

外にいる人の声や物音が聞こえる部屋にいて吠えるとしたら

音が聞こえる部屋から遠ざけることが大事です。

 

 

2. 吠える犬のしぐさを読むことも大切!

8fa3c7ac0fd381585881c8de33fda647_s

犬が吠えているときのしぐさを見て吠えを予防することもできます。それは吠える前に犬の気をそらすことで吠えるきっかけをなくすことでできます。

 

2-1. 吠える犬のしぐさを読むには?

自分の愛犬をよく観察することが必要です。吠えるときにどんなしぐさをするのか理解するこが大切になります♪

 

まとめ

犬の【吠え】は環境を整えるだけで結構改善されるようですね(^^)/犬に吠える経験を積ませないように予防するのは愛犬を飼っている飼い主さんのお仕事です。吠えに意識して人間が犬をカバーしてあげられることもあると思います。しっかり吠えが予防できれば犬を怒ったり叱ったりすることも必要なくなりますね。怒らなくてもいい環境良かったことは褒める環境づくりができれば愛犬との関係はますますよくなってくると思います(^^♪

 

しつけくん口コミレビューボタン