よくたくさん犬が吠えてしまって、吠えるのをやめてくれないことがありイライラしてしまうことがあります。そうなると飼い主さんも犬を叱りたくなってしまい、つい犬のしつけで叩など行き過ぎたしつけ怒ったりしてしまいます。愛情のあまり叱りすぎてしまうこともありますよね?犬も人間と同じで怒られすぎると気持ちの変化で副作用になりかねません。なので人間が嫌いにならないよう人間不信になるような叱ること怒ることにはやり方に注意が必要です。

1. 犬の叱り方!叱られた犬の気持ちはどうなるの?

飼い主さんがイライラしてしまい怒りすぎてしまうこともあるでしょう!ですが叱りすぎることで犬は怖がってしまうこともあります。ちょっと犬の気持ちを考えてみて叱り方を見直すのも大事かもしれませんね(´・ω・`)

 

1-1. 犬を叱るときに考えて欲しいことは?!

犬の叱り方、叱る方法によっては犬の心や体をそして人間も傷つけてしまうことになる可能性もあります。もし犬が吠えようとしたときに大きな声で(こらぁ~)(だめぇ~っ)怒鳴ったりしたとします。でも犬には言葉が理解できず通じませんのでなぜ飼い主さんが怒っているのかもわかりません。犬がわかることは飼い主さんの怖い表情や叱り方が愛犬を怖がらせたりしてしまします。逆に犬を叱って犬が怖がり、飼い主さんに噛みついてしまうなど攻撃的になってしまうこともあります。実は犬を叱ろうとして噛まれてしまう飼い主さんも多いんですね。

 

1-2. 犬の体罰は絶対だめ!

犬を叱る際、体罰を与えることは絶対ダメです。犬からしたら言うことを聞かなかったら嫌なことをされるから仕方なくいうことを聞くスタイルになりかねません。いじめみたいなことになってしまいます。こんな関係を続けていてもお互い関係は良くならず、つらい日々が続いてしまいます。せっかく犬にご飯をあげて喜ばれても、ある日突然いつもやさしくなでてくれる飼い主さんが犬が吠えてしまったときに体罰などで痛い思いをさせてしまうのでは愛犬は何を信じていいのか全く分からなくなってしまいます。私だって毎日好きな人に叩かれりしたら嫌いになりますよ!当然の事かもしれませんが犬はしゃべることができないので気持ちの理解も大事ですね!

 

1-3. いぬのきもちと信頼関係を気づくことが大事! こんな時は信頼不足!

よく思い出すと犬は吠えることがいけないなんて思ってません。理由があって吠えています。愛犬をなでるのに手を出したときに犬がびっくりしていませんか?もし目をまばたきしながらなでる様子でしたら犬はちょっとおびえているかもしれす飼い主さんとの信頼関係はありません。叩いたりして体罰を与えすぎていないか叱りすぎていないかもう一度チエックしてみることです。

 

2. 犬を叱ったときの副作用

犬をむやみに叱ると犬の正確にも副作用が出てきてしまいます。例えば、、、犬を無気力にしたり、飼い主さんとの関係の悪化や攻撃にもつながってしまいます。叱り過ぎによる副作用はどんなのがあるか調べてみました!(^_-)-☆

 

2-1. 犬を無気力な気持ちにさせる。

犬は何wしても叱られてしまうと思い、自分の考えでは動かなくなり、感情を表に出さないなどくらい正確になりやすいです。

 

2-2. 飼い主との関係が悪くなる。

叱ってばかりいると飼い主さんが怖いというしぐさが出てきます。

 

2-3. 犬を叱るだけではなにも教えられません。

お客さんが来てチャイムが鳴って犬が吠えると気に叱ってダメっと声をかけたとしても一時は泣き止みますが、しつけがされていないとまた吠えてしまいます。ただ叱ることや叩いたりすることはちゃんとした犬のしつけではありません。怒ったりするときの強い言葉も含めて叱るだけでは犬になにも教えることができないと思います。

 

2-4. さらに吠える原因になる。

よくあるパターンで散歩中に他の犬に出会ったときに吠えてしまい、その時に首をつかんだり犬を叩くことはさらに吠える原因になってしまいます。叩いたりすることでほかの犬が来た時にまた痛い目に合うという印象ができてしまいます。

 

2-5. 犬が攻撃的になる。

犬を怖がらせてしまうような叱り方では恐怖心によってさらに攻撃的になり、危険です。やはりなでてあげるときのように人の手を安心だ!と思わせるようにするためにも恐怖心を与えることをやらないようにしましょう!

 

まとめ

犬が吠えてしまい飼い主さんがイライラしてしまうのもわかりますが、犬には叱られる意味が分かりませんのでむやみに叱ったりすることはやめたほうがいいですね。叱り過ぎというのはさらに犬の吠えを悪化させたり、攻撃的になり噛まれてしまうこともあるので、それより犬との信頼関係を築きながうまくしつけをできていければお互いに楽しい関係になりますね。