犬をしつけるためにしつけ教室に通わせますが、もちろん授業料などがかかってきてしまいしつけ教室の費用の面で考えてしまう方もらっしゃるのではないでしょうか?

そんなしつけ教室のデメリットは調べてみました♪

 

1. 犬のしつけ教室のデメリットとは!?

犬のしつけにかかる授業料は毎回かかってきてしまいます。どれくらいの金額や費用がかかりるかというと大体1回のしつけ教室で5000円から教室によっては1万円くらいかかってしまいます。そして1回のしつけですべてがしつけることはできず何回かに分けてしつけ教室に通うことになりますので金額面を考えた時にしつけ教室ではデメリットの部分が大きいです。

 

2. 犬のしつけ教室の値段と価格について

しつけ教室で必要になる予算=大体5000円から1万円であとは回数分の費用となります。しつけをするには5回くらいは通わなくてはいけないので結果的にしつけ教室にかかる費用の合計は5万円から10万円くらいかかってしまいます。そのほかにもしつけき教室に通うための交通費も必要です。

 

2-1. しつけ教室のドッグトレーナーと飼い主の違いについて

しつけ教室に通えば愛犬もドッグトレーナーのゆうことを聞きます。その理由はいつもと違う環境にいるからて知らない人に訓練やしつけを教わるからだと言われています。なのでドッグトレーナーのいうことはしっかり聞きますが自宅に帰ったときに問題が出てくる場合が多いそうです。

 

2-2. しつけ教室から帰ると犬が言うこと聞か ない理由!

なぜしつけ教室から自宅に帰ると吠えたりいうことを聞かなくなるかというと、飼い主とドックトレーナーとの主従関係が違うからですね。しつけ教室ではドッグトレーナーが犬より上ですが、自宅に帰ると犬が上になってしまい飼い主は下になるので飼い主がしつけを行ってもゆうことを聞かない場合が多い理由です。

 

しつけ教室での犬とドッグトレーナーとの関係

p1

自宅で犬と飼い主との関係

p2

しつけ教室から帰ってきて自宅でしつけを教えたとしても主従関係が変わるので言うことを聞かなかったりなど効果がでない場合もあるそうです。

 

まとめ

しつけ教室は1回ではしつけることはできませんので結構な金額がかかってきます。金額的にもしつけ教室はデメリットですが主従関係的にも主従関係が変わるのでどうしても犬が言うことを聞いてくれません。それを考えるとしつけ教室に通わなくても無駄吠えを防止するのであればしつけくんという無駄吠え防止首輪を使用するのが良いと思います。価格的にも1回分くらいの料金でずっと使うことができますし、しつけくんは犬の個人差にもよりますが1週間くらいでしつけられます。